五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

症状が改善される痛風に良い食材には何がありますか?

スポンサーリンク

食生活に大きな影響を受ける生活習慣病の1つである痛風

痛風と言いますと、高血圧や糖尿病と同様に生活習慣病という括りになっているわけですから、発症する原因には日々の食生活が影響していることは明らかなのであります。

したがいまして、もし真剣に痛風の症状を改善させたいと願うのであれば、ここはやはり食生活の見直しは必須であると言って良いでしょう。

痛風を食生活の見直して改善させるためには、痛風に良い食材と悪い食材を知っておく必要があります。

それでは具体的に、痛風に良い食材と悪い食材には、どのようなものがあるのでしょうか?

痛風に悪い食材には何があるの?

ハッキリと言わせていただくとすれば、今の時代は情報化社会ということもあって、痛風を発症する原因は、プリン体の過剰摂取にあることをご存知の方も多いことと思います。

プリン体が多く含まれている食材を具体的に例として上げますと、下記のようなものにあんるでしょう。

・レバー
・エビ
・カツオ
・サンマ
・マグロ
・真いわし
・かつお節
・アンコウの肝
・煮干し
・タラバガニ
・明太子
・白子

ただ、上記にあげている食材は栄養が豊富であることから、全く食べない方が良いというわけではありません。要するに、食べすぎてはいけないということですね。

痛風に良い食材には何があるの?

痛風は、尿酸値が上昇することで発症するわけですが、実のところを言いますと食材の中には尿酸値を下げる効果を得ることができるものもあったりするんですね。

尿酸値を下げる効果を期待できる食材としましては、下記のようなものを例としてあげることができるでしょう。

・大豆
・ワカメ
・昆布
・ひじき
・ニンニク
・ホウレン草
・ニンジン
・ごぼう
・アスパラ
・キャベツ
・ジャガイモ
・サトイモ
・メロン
・バナナ

以上のような食材を積極的にたべることで、尿酸値を下げる効果を得ることができますので、結果として痛風の予防や症状の改善に繋がるわけであります。

痛風の予防や症状を改善させるためにおすすめとなる食材は何かと申しますと、それは上記で例としてあげている食材ということになります。

また、尿酸値を下げるためには尿酸をカラダの外へと排出することが大切であることから、水分を意識して飲むことが大きく役に立ちますので、意識して水を飲むようにすると良いでしょう。

具体的に、どのくらいの水を飲むことが痛風の予防に繋がるのかと申しますと、毎日1.2リットル程度は飲むようにするべきです




スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク