五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

親から子供へと痛風は遺伝する可能性がある病気と言えます

スポンサーリンク

遺伝する可能性がある痛風

もし仮に、自分の親が痛風に悩まされている姿を散々、見てきた場合、『もしかしたら痛風は遺伝するの?』などと心配になる方も多いかと思います。

ハッキリと言わせていただくとすれば、痛風は遺伝する可能性がある病気と言ってよいでしょう。

ただし、痛風と遺伝の関係と言いましても完全に解明されているわけではありません。そんなことから、『痛風は遺伝する可能性が高い病気である』とか、あるいは『痛風は遺伝しません』などと断言できないというのが本当のところなのであります。

しかしながら、それでも両親が共に痛風の悩みを抱えている、あるいは抱えていたという実態がある場合は、その子供も痛風になるケースが多いと言われているのです。

ということで、もし家族に痛風を発症している人がいる場合は、自分も発症する可能性があることを認識して予防について真剣に考えておくべきでしょう。

痛風に限らず、病気は発症してから治療するよりも予防を心がけた方が良いに決まっていますからね。

遺伝よりも注意すべきは問題がある生活習慣です

痛風という病気を考えた時、その発症を予防するためには、遺伝よりも注意すべきなのは、問題がある生活習慣なのであります。

なぜならば、痛風は生活習慣病の1つだからなんですね。両親共々痛風の場合、その子供がもまた痛風を発症しやすいのは、要するに親と同じような生活習慣になっていることが多いからなのです。

特に問題となるのは、食生活に関してです。日常的に脂っこい食べ物など食事を取っていて栄養のバランスが偏った食生活を続けていますと、痛風を発症しやすくなります。

結局のところ、痛風を発症した親と同じような食生活を続けていたら、それは当然、その子供だって痛風を発症しやすくなってしまうでしょう。

このことが両親が痛風だと、その子供も痛風を発症することが多いと言われる所以なのであります。

運動不足もまた痛風を発症する原因になります

痛風を発症する原因は、問題がある食生活だけではありません。運動不足もまた、痛風を発症する原因になるのです。

もし日頃から、運動不足を認識しているようであれば、痛風の発症を予防するためには、ここはやはり日常生活に適度な運動を取り入れるべきでしょう。

ご自身の生活習慣を振り返った時、乱れた食生活を運動不足というダブルで問題を抱えている場合は、より一層、痛風を発症するリスクが高くなります。

このことに加えて、痛風を発症しやすい遺伝子を持っている可能性がある場合は、尚更、注意が必要なのであります。




スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク