五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

中度や重度の外反母趾治療は病院に行った方がいいですか?

スポンサーリンク

軽度の外反母趾は自分でも治せます

外反母趾と一口に言いましても、その症状は患者さんによって様々ですから、治療の方法につきても1つのことで決めつけるわけにはまいりません。

例えばのお話ですが、症状が軽度な状態にある外反母趾ということであれば、個人的な努力を続けることで治すこともできるでしょう。

しかしながら、症状が中度や重度ということになりますと、それはやはり個人の努力では限界というものがありまして、自分で治すことは難しいと考えるべきです。

自分では治すことができない中度以上の外反母趾

ご自身の思いとは裏腹に、個人的な努力を続けている間に症状がさらに悪化する可能性がありますので、やはりこのようなケースでは病院に行って適切な治療を受ける必要があります。

外反母趾の症状を悪化させますと、日常生活にまで影響を及ぼすことになりますので、ご注意いただきたいと思います。

ハッキリと言わせていただくとすれば、中度以上の外反母趾治療は、症状を悪化させないためにも専門の病院に治療をお願いするべきです。

外反母趾の治療は病院の何科に行けばいいの?

外反母趾の治療を受けるためには、病院の何科に行けば良いのか分からない方がいらっしゃるかもしれませんが、一般的には整形外科に行って治療を受けることになります。

ただし、外反母趾専門の外来がセッティングされている病院もありますので、そんな時は、もちろん、外反母趾の治療に関する専門家がいるわけですから、こちらを受診するようにしましょう。

要するに、外反母趾専門の外来がセッティングする病院が存在するくらいに外反母趾の悩みを抱えている患者さんが多いということですね。

病院で実施される外反母趾に対する治療内容

病院では、外反母趾の悩みを抱えている患者さんに対して、何よりも関節の状態を確認するためにレントゲン撮影が行なわれることになるでしょう。さらには医師の手で触診が行われて、患部の状態を調べます。

その後、これからの治療方針を医師と相談しながら決定していくことになるでしょう。

外反母趾は、自己流で治す努力を続けるよりも、病院に行って適切な治療を受ける方が治る可能性は、はるかに高いものがありますので、医師の指導には従った方が良い結果が出るはずです。

外反母趾の治療に対して病院では、いきなり手術をすすめることはほとんどありません。最初は、保存療法で症状の改善を図ることになります。

ただ、保存療法では症状が改善されない場合は、手術という選択肢が現実味を帯びてくることになるでしょう。

基本的には、「歩き方」「靴の選び方」「テーピングの方法」「ストレッチなどの運動療法」などの指導が行なわれることになります。




スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク