五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

外反母趾の人が注意すべき靴の選び方のポイントとは?

スポンサーリンク

外反母趾の改善や予防のために合った靴を履きましょう

外反母趾の悩みを抱えている方はたくさんいらっしゃるわけでありますが、このような方はファッションを優先した靴選びをしたり、あるいは適当に靴を選ぶことは、ご自身の足にとってあまり良いことではありません。

例えばのお話ですが、外反母趾ではない健康的な足の持ち主であっても、足の健康を維持するためには自分の足に合っている靴を選ぶことはとても大切なことなんですね。

それは、外反母趾の悩みを抱えているとういことであれば尚更ということになるでしょう。ハッキリと言わせていただくとすれば、外反母趾の人は日常的に履く靴を見直すことで症状が改善することだってありますからね。

もちろん、今現在足は健康であるということであれば、外反母趾の予防に繋がります。

外反母趾対策に効果がある靴の選び方のポイント

外反母趾対策に効果がある靴の選び方のポイントとは、下記のような4つの点に注意をするということになるでしょう。

(Ⅰ)つま先に余裕がある靴を選ぶこと
(Ⅱ)横幅は少しキツめのものを選ぶこと
(Ⅲ)足と靴との隙間は指1本程度のものを選ぶこと
(Ⅳ)実際に靴を履いて歩いてみること

それでは、個々に説明させていただきますね。

(Ⅰ)つま先に余裕がある靴を選ぶこと・・・腱的的な足を持っている方はもちろんのこと、外反母趾の人は特につま先には余裕がある靴を選ぶことが大切です。つま先の遊びは、1センチ程度が望ましいです。

外反母趾の症状改善や予防のためには、歩く時に足の指を使って歩くことが大切ですが、つま先に1センチ程度の余裕があれば足の指を自由に動かすことができますからね。

(Ⅱ)横幅は少しキツめのものを選ぶこと・・・外反母趾の人は、その症状からどうしても横幅に余裕があるものを選ぶ傾向にありますが、このような靴は症状を悪化させることになりますのでご注意くださいね。

(Ⅲ)足と靴との隙間は指1本程度のものを選ぶこと・・・足と靴の隙間は、指1本程度の隙間が良いと言われていますので実際に選び際は指を入れて確かめるようにしましょう。

(Ⅳ)実際に靴を履いて歩いてみること・・・靴を購入するにあたっては、履いてみるだけでは充分とは言えません。実際に歩いて、履き心地を試してみることが大切なんですね。購入する予定の靴は、実際に歩いて違和感がないものを選ぶようにしてください。

今の時代は、通信販売が全盛の世の中になっていますが、靴に関しては上記のような理由から、あまりおすすめできることではありません。




関連記事

スポンサーリンク