五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

外反母趾対策として痛み軽減のためにすべきこととは?

スポンサーリンク

痛みが酷くなることもある外反母趾

当たり前のお話ではありますが、外反母趾と言いましても、その症状の程度には大きな個人差があります。

例えば、外反母趾の初期段階で痛みがなければ、まだ良いのですが、痛みの症状が酷い方の場合は歩くことさえ苦痛を感じるようになるでしょう。

このように、外反母趾で痛みが酷い場合は、どうしたら良いのでしょうか?

外反母趾で痛みが酷い場合は靴を替えてみましょう

足の親指が外側へと突き出ているような形に変形する外反母趾になりますと、多くの方は痛み対策のために幅広の靴を履くようになります。確かに外反母趾の人が幅広も靴を履けば、痛みの症状を軽減させることはできるかもしれません。

しかしながら、外反母趾の人が幅広の靴を履きますと、変形を促進することになってしまうんですね。

したがいまして、それを避けるためには変形している親指の出っ張りに合わせるのではなく、普通の横幅になっている靴を選ぶべきなのであります。

痛みを軽減させるため行うべき外反母趾対策

前述したような普通サイズの靴を履いていたら、外反母趾の患部が靴に強く当たることから痛みの症状が酷くなりかねません。ということで、外反母趾の人が履く靴は少しばかり工夫をする必要があります。

具体的に、どのような工夫をすれば良いのかと申しますと、外反母趾の患部が当たっているところを伸ばしてしまうんですね。例えば、靴が皮革性ということであれば購入元の店員さんに依頼することで該当部分を伸ばしてくれるでしょう。

ただ、このような処置を施しても痛みの症状が酷い方がいらっしゃるかもしれませんね。そんな時は、「歩行時間を減らすこと」「氷などで患部を冷やすこと」などの処置をすることをおすすめします。

この処置によって患部に発生している炎症を抑えることができますので、結果として痛みの症状も軽減されるはずです。

外反母趾の痛みが軽減しない時は病院に行きましょう

しかしながら、これらの処置を施しても痛みが全く改善されないこともあるでしょう。そんな時は、迷うことなく専門に病院に行って相談するべきです。

世の中には、『外反母趾くらいで病院に行くのは大げさ』などと思っている方が少なくありません。ただ、適切な治療を受けることなく放置することになりますと症状が悪化することになりかねません。

そうすると、日常生活にまで支障が出てしまいますので、ここはやはり外反母趾は無理に我慢するのではなく病院に行った方が良いでしょう。




関連記事

スポンサーリンク