五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

靴や歩き方が悪いの?外反母趾になる原因で考えられること

スポンサーリンク

外反母趾になる3つの大きな原因

外反母趾とは、足の親指が内側の方にある小指の側へと関節が変形する関節に起きる病気のことを言います。

なぜ足の親指が変形して外反母趾になってしまうのかと申しますと、具体的には下記のような3つの大きな原因が考えられるでしょう。

(Ⅰ)歩き方が悪いこと
(Ⅱ)合わない靴を履いていること
(Ⅲ)慢性的な運動不足

それでは、個々に取り上げさせていただきたいと思います。

外反母趾の原因となる悪い歩き方

足の親指が変形して外反母趾になる方の多くは、歩き方が悪いと言われております。具体的にどのような歩き方になっているのかと申しますと、それは足の指を使わないで歩いている点に問題があるのです。

日常的に足の指を使わない出歩いていると、足の指周辺にある筋肉が衰えてしまうんですね。そうすると、どうしても外反母趾になるリスクが高くなるのであります。

したがいまして、外反母趾を防ぐためには足の指を意識して使って歩くようにする必要があるということになるでしょう。

例えばのお話ですが、下駄のような履物を日常的に履いて言いますと、必然的に足の指を使って歩くようになりますので外反母趾を防ぐことができます。

外反母趾の原因になる合わない靴を履くこと

毎日にように自分の足に合っていない靴を履いていると、やはりそれも外反母趾を起こす原因となる可能性が高いと言えるでしょう。例えば、日常的にサイズが合っていない靴を履いている人は特に気をつける必要があります。

また、ハイヒールやパンプスのような履物を履いていると、これもまた外反母趾を起こしやすくなりますので要注意です。

前述したように、下駄のような履物は外反母趾を防いでくれるのですが、このような下駄ではなくても外反母趾防止グッズとして健康サンダルのような履物もありますので、これらのグッズを活用してもよいかもしれませんね。

外反母趾の原因になる慢性的な運動不足

慢性的な運動不足もまた、外反母趾を起こす原因となりますので、『日頃から運動はしていないな』などを感じている方は要注意であると言えるでしょう。

当たり前のお話ではありますが、運動不足の解消だからと言って上半身の筋力トレーニングを行っても意味はありません。

要するに、下半身を使って歩くような運動を行っていないことが原因で足の指周辺にある筋肉が衰えることで外反母趾になりやすくなるということです。

したがいまして日頃から運動不足を感じている人は、エレベーターやエスカレーターなどは使わないでできるだけ歩くことを心がけましょう。

ところで外反母趾は、遺伝も関係していると考えられておりますので念のため。




スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク