五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

床で寝ると腰痛の症状が改善されるって本当ですか?

スポンサーリンク

床で寝ると腰痛の症状が改善されるという説

時折、『自分は腰痛持ちだから床で寝ている』という方がいらっしゃいますが、これは、“床で寝ると腰痛の症状が改善される”という説を裏付けていることになります。

このような床で寝ると腰痛の症状が改善されるという説は、本当のことなのでしょうか?

ハッキリと言わせていただくとすれば、腰痛の悩みを抱えている方は、ベッドよりも床で寝る方が症状を改善でる可能性があるのであります。それでは、なぜ床で寝ると腰痛の症状が改善されるのでしょうか?

ベッドで寝ると腰痛に悪い影響がある理由

ベッドで寝ている方は、体験上ご理解いただけるかと思いますが、ベッドで寝るとカラダが沈み過ぎてしまうんですね。就寝時の姿勢を見た時、カラダが沈み過ぎると腰には余計な負担がかかるのであります。

その結果、腰痛持ちの方は症状が悪化してしまうわけなんですね。

一般市場で販売されているベッドのマットレスは、特注でもしない限りカラダが沈み過ぎるタイプばかりですから、腰痛の悩みを抱えている方はベッドで寝るべきではありません。

床で寝ると就寝時の姿勢は腰への負担が軽減されます

前述した通り、一般的なベッドのマットレスで寝ると腰には過度な負担をかけることになります。それに対して、床に布団を敷いて寝るとカラダが沈み過ぎることがありませんので、結果として腰にかかる負担を軽減させることができるのです。

ここで一点ご注意いただきたいのですが、布団にも色々な種類がありまして、中にはかなりクッションが効いているタイプのものも存在しています。

このようなクッションが効いた布団を床に敷いた場合、やはりカラダが沈み過ぎる可能性がありますのでお気をつけいただきたいと思います。

もっと具体的に言いますと、カラダが5センチ以上も沈むようなクッションが効いている布団は避けるようにしてくださいね。

ところで、腰痛の悩みを抱えている人の中には、枕がない方が腰には楽に感じるという方がいらっしゃいます。就寝時の適切な姿勢というのは、本人の体型に左右されますので、試しに枕なしで寝てみるのも良いかもしれませんね。

自分に合った寝具を選びましょう

腰痛の症状を改善させるためには、布団や枕などの寝具類はをできるだけ自分に合ったものを選ぶことが大切です。

ただ、自分に合っている布団や枕と言いましても判断が難しいことですから、このような時は、専門店に行ってスタッフの方に相談することをおすすめします。

専門店のスタッフさんであれば、専門の知識も豊富なはずですから、自分で選ぶよりもはるかに良いものを購入することができるでしょう。




関連記事

スポンサーリンク