五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

腰痛の症状改善の効果があっておすすめの運動はウォーキングです

スポンサーリンク

運動療法が効果を発揮する腰痛の症状改善

様々な身体的不調に対して、運動療法が効果を発揮することが少なくありません。それは、関節の不調につきましても同様なのであります。

そして、代表的な関節の不調は何と言っても腰痛ということになるでしょう。日本人には、腰痛の悩みを抱えている方がたくさんいらっしゃいますからね。

ハッキリと言わせていただくとすれば、運動療法は腰痛の症状を改善できる可能性が高いのであります。もちろん、腰痛が起きている原因に次第では、運動療法が適さないことがありますけれどもね。

しかしそれでも腰痛は、運動療法が効果を発揮するケースが多いのは間違いのないところです。そもそものお話ですが、運動不足は腰痛の大きな原因の1つになっていますからね。

運動療法が腰痛の症状を改善できる理由

なぜ運動療法を実践することで腰痛の症状が改善されるのかと申しますと、それは腰周辺の筋肉を強化することができること、そして運動不足で硬直化した筋肉を解すことができることによるものなんですね。

そもそものお話ですが、腰周辺にある筋肉というのは腰の関節を保護するという大切な役割を担っているんですね。言ってみれば、腰周辺の筋肉は腰を守るための強力なコルセットとなっているのであります。

ところがこれらの筋肉が衰えてしまいますと、腰の関節を保護することができなくなってしまいます。

また、運動不足で腰周辺の筋肉が硬直化している状態にありますと、神経が圧迫されて痛みを感じるようになります。これらの症状を改善させるためにも、運動療法は有効なのです。

腰痛対策として最も効果がある運動療法のウォーキング

運動療法と言いましても、何か特別の運動を行わなければならないというわけではありません。また、厳しい筋力トレーニングや激しい運動も必要としていません。

腰痛対策として最も効果がある運動療法は何かと申しますと、それは何と言ってもウォーキングということになるでしょう。

腰痛の症状を改善させることを目的にして運動を行うわけですから、身体的な負担が大きい運動は適切ではありません。その点、ウォーキングであれば身体的な負担は大変軽くてすみますからね。

ウォーキングという運動は、身体的な負担が軽度でありながらも、しっかりとした有酸素運でもあり、そして全身運動でもあるのです。したがいましてウォーキングは、腰痛対策として最適な運動であると言えるでしょう。

ちなみにウォーキングは、毎日30分程度行うことをおすすめします。


関連記事

スポンサーリンク