五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

肥満な上に姿勢も悪くて!腰痛の原因として考えられること

スポンサーリンク

まずは腰痛の原因を明らかにする必要があるでしょう

腰痛の原因と言いますと、様々なものがあるわけですが、日々、腰痛に悩まされているということであれば、まずは腰に痛みの症状が現れるようになった原因をハッキリとさせるべきでしょう。

原因を明らかにしなければ、適切な対策を講じることができませんからね。それでは具体的に、腰痛の原因としてはどのようなことが考えられるのでしょうか?

腰痛の原因として考えられること

前述したように、腰痛の原因には実に様々なものがあるんですね。具体的に例をあげるとすれば、下記のようなことが腰痛の原因となるのであります。

・肥満体型にある
・日常的に悪い姿勢を取っている
・キツい下着を身に着けている
・柔らか過ぎる布団で寝ている
・同じ姿勢で長時間の作業を行っている
・日常的に重量物を運んでいる
・同じ肩にだけバッグをかけている

ざっと取り上げただけでも、腰痛の原因にはこれらのことが考えられるわけですね。いかがですか?ご自身の日々を振り返った時に該当するような項目はありませんか?

繰り返しになりますが、腰痛の原因は実に多岐にわたっていますので、自分の腰に痛みをの症状が現れるようになった原因を真剣に振り返ってみるのも大切なことなのであります。

腰痛の原因の多くは防げるものばかりです

上記に例としてあげている腰痛の原因は、そのほとんどが防ぐことができるものばかりであります。もちろん、腰痛の原因には腰痛椎間板ヘルニアや脊柱菅狭窄症などのような病気が原因となっていることもありますので注意が必要でしょう。

しかしそれでも、腰痛の原因の多くは悪しき生活習慣に起因しているんですね。そして悪しき生活習慣に起因している腰痛は、当たり前と言えば当たり前過ぎるお話ではありますが、生活習慣を改善することで、それが予防や症状の改善に繋がるということになるでしょう。

何かしらの病気が原因となって引き起こされる腰痛

ただし、前述したような何かしらの病気が原因となって腰痛という症状が現れているような場合は、これは個人の努力でなんとかなるものではありませんので、その時は、専門の医師による適切な治療を受けるべきですね。

時折、腰痛の原因が重篤なる内臓の病気にあったりしますので、絶対に軽視して良いものではないのです。

また腰痛は、原因が分からないことがあります。様々な検査を受けた結果、『どこにも異常がありません』などという結果が出ることもあるんですね。このような時は、自律神経のバランスが崩れている可能性を疑ってみてもよいかもしれません。


関連記事

スポンサーリンク