五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

顎の付け根に違和感が!深く関係するストレートネックと顎関節症

スポンサーリンク

顎関節症を発症する原因となるストレートネック

口を開けたり閉じたりする時に、カクカクと音がするなど顎の関節に違和感がある時、顎関節症を発症している可能性があります。

ちなみに癌関節症とは、顎の関節に異常が発生して「口を大きく開けることができない」「顎の付け根付近に痛みの症状がある」「歯の噛合せがしっくりいかない」などに加えて、前述したような顎の関節で音がするなどの症状が現れる病気のことを言います。

そしてこの顎関節症を発症する原因の1つに、ストレートネックがあるんですね。ハッキリと言わせていただくとすれば、ストレートネックは顎関節症を発症する原因になってしまうのであります。それでは、なぜストレートネックは顎関節症を発症する原因になるのでしょうか?

ストレートネックが顎関節症発症の原因となる理由

首がストレートネックになっているということは、本来あるべき首の角度30度~40度から30度以下へと変化しているわけでありまして、その結果、顎の関節で保たれていたバランスが崩れてしまうんですね。

その結果、顎関節症を併発することになるわけであります。首の骨と顎の関節は大変に近いところに存在していることから、首の骨の異常が顎の関節へと大きく影響してしまうということです。これが、ストレートネックが顎関節症を発症する原因となる理由なのであります。

顎関節症を発症することで現れてくる不快な症状

顎関節症を発症すると、身体的な異常が現れてくるのは顎の関節だけではありません。具体的には、「頭痛」「めまい」「「耳の痛み」「難聴」「歯の痛み」「口の中が乾燥する」「背中の痛み」などの症状が現れてくるのであります。

顎関節症を発症することで現れてくる症状は、不快なものばかりですから、けっして看過できるものではないと思います。

それに、ストレートネックや顎関節症を放置しても自然治癒する類のものではありませんから、ここはやはりできるだけ早い段階で病院に言って適切な治療を受けるべきでしょう。

仮に、このような状態を放置するとなると症状が悪化する可能性が高いので、本人は益々辛い思いをすることになりかねません。そうなると、日常生活にまで悪影響が及ぶことになりかねません。

そうはならないためにも、絶対に放置することのないようにしていただければと思います。ちなみに顎関節症の原因がストレートネックにある場合は、現況とも言うべきストレートネックを治さなければ、顎関節症もまた治すことができないでしょう。


関連記事

スポンサーリンク