五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

顎関節症の治療は病院の何科を受診すればいいのですか?

スポンサーリンク

顎関節症の疑いがある時は歯科医院に行きましょう

顎関節症と言いますと、世の中的にはあまり認知されている病気ではないと思います。

そうすると、実際に顎関節症を発症したと疑いが生じた場合、その治療のためには病院の何科を受診すれば良いのか分からない方が多いかもしれませんね。

もし顎関節症の疑いがあるということであれば、その治療のためには歯科医院に行くと良いでしょう。仮に顎関節症の症状が顎の関節以外の部位にも現れているような場合でも、歯科医院で治療を受けることで、多くの場合、他の症状も治まることになります。

万が一、歯科医院での治療では改善されなかった場合は別の専門医を紹介してもらいましょう。

歯科医院で行われる顎関節症の具体的な検査の内容

顎関節症の疑いで歯科医院に行きますと、まずは問診からスタートすることになります。歯科医師からの問診を受ける過程で、今現在置かれている患部の状態や生活習慣の問題点などが、少しずつ明らかになって行くはずです。

尚、病院に行く前の段階で、しっかりと答えることができるように受け答え内容をまとめておくことをおすすめします。歯科医師による問診が終わりましたら、視診が実施されることになるでしょう。

歯科医師による視診では「姿勢のチェック」「歯の状態のチェック」が行われ、次に触診することで「顎関節の雑音」「顎関節の動き」などのチェックが行われます。

また、「口がどの程度開くのか?」「口がどの程度動かすことができるのか?」などがチェックされた後で、X線撮影を行って顎関節の状態を視認することになるでしょう。

さらに言えば、X線撮影以外にもMRI=magnetic resonance imaging:核磁気共鳴画像法(かくじききょうめいがぞうほう)による検査、顎運動検査、関節鏡視検査、筋電図検査などの検査が実施されることもあります。

以上のような各種の検査が実施された上で、本当に顎関節症を発症しているのかどうかということが判断されることになるのです。そして実際に、顎関節症と診断された場合は、その症状に合った適切な方法で治療が行われることになるわけですね。

顎関節症も放置すると悪化する可能性が高いことから、この病気の疑いがある時は、速やかに歯科医院に行って診察を受けることをおすすめします。

顎関節症を悪化させて食べ物を食べることができなくなったりしますと、それは非常に辛いことですからご注意くださいね。


関連記事

スポンサーリンク