五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

顎の痛みが続くのですが・・・!顎関節症の発症で現れる症状

スポンサーリンク

顎関節に異常が起きる病気の総括的診断名の顎関節症

顎関節症(がくかんせつしょうとは、顎(あご)の関節部分や咀嚼筋(そしゃくきん)などに疼痛を始めとした様々な異変が発生する病気の総括的な診断名になります。

ということで、顎関節症を発症すると現れてくる症状は一つということではなく前述した通り、様々な症状が現れるようになるんですね。

それでは具体的に、顎関節症を発症するとどのような症状が現れてくるのでしょうか?

顎関節症を発症することで現れる様々な症状

顎関節症を発症すると、具体的には下記のような症状が現れてくるのであります。

・顎の疼痛
・開口障害
・響く関節音
・歯の噛合せが悪くなる

それでは、個々に説明させていただきたいと思います。

ん・顎の疼痛・・・顎関節症を発症すると、何よりも顎に疼痛という症状が現れてまいります。このような顎に痛みを感じることから、病院に行くかどうかは別にしても顎の関節に何かしらの異変が発生しているということは本人も自覚できるでしょう。

・開口障害・・・顎関節症を発症するということは、顎の関節に異変が発生していることから開口障害を起こすことが多いのであります。具体的にどのようなことが起きるのかと申しますと、要するに口を開けづらくなるということですね。

特に、大きな口を開けることができなくなるでしょう。場合によっては、食事をすることが困難になることもあります。

・響く関節音・・・食事をする時などで口を開け閉めするタイミングで、顎の関節から『カクカク』と言ったような音が響くことがあります。ただ、関節音が響くだけであれば、それほど問題はないのですが、口の開け閉めで痛みが伴うようであれば、要注意であると言えるでしょう。

・歯の噛合せが悪くなる・・・顎の関節に異変が発生する顎関節症は、その影響が歯の噛合せにも及んでまいります。『最近、歯の噛合せが悪い』とか『歯の噛合せに違和感がある』などと感じるようになってきた場合は、顎関節症の発症を疑うべきですね。

放置するなど顎関節症の悪化で現れてくる症状

顎関節症を放置するなどして悪化させてしまいますと、症状は他の部位にまで現れるようになります。具体的に言いますと、「頭痛」「耳鳴り」「めまい」「疲れ目」「歯痛」「味覚障害」「肩こり」「背中の痛み」などがあるのです。

症状が酷い患者さんになりますと、四肢の痺れや呼吸困難などの症状が現れる方もいらっしゃいます。

したがいまして、『たかが顎関節の異変くらいで・・・』などと軽視しないで、顎関節症の疑いがある場合は、早目に病院に行って診察してもらうことをおすすめします。




スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク