五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

坐骨神経痛は完治するの?あるいは完治しないの?どっち?

スポンサーリンク

完治しない患者さんの方が圧倒的に多い坐骨神経痛

例えば、腰椎椎間板ヘルニアを発症して、その後腰の痛みや痺れなどの症状に悩まされていた方が、整形外科がある病院で『坐骨神経痛を発症しています』などと診断されてしまった場合、やはり完治するのか?あるいは完治しないのか?ということが気になるでしょう。

坐骨神経と呼ばれる病気は完治する患者さんがゼロというわけではありませんが、しかし、完治しない患者さんの方が多いというのが現実なのであります。

ハッキリと言わせていただくとすれば、坐骨神経痛を発症した場合、完治させることはかなり困難であると考えるべきでしょう。

治っても再発する可能性が高い坐骨神経痛

坐骨神経痛は、一般的にも治りづらい病気であると認識されているんですね。この病気は、適切な治療を受けることで症状を大きく改善させることは、それほど困難なことではありません。

しかしながら坐骨神経痛は、治ったと思って油断と言いますか、安心していますと、再発してしまうことが非常に多いのであります。それは、外科的な手術という最終的な治療方法を選択肢したとしても同様なのです。

『坐骨神経痛は完治しない病気である』と言われているのは、このような再発する病気だということからきているのであります。

治っても絶対に油断できない坐骨神経痛

坐骨神経痛の悩みを抱えた方が、整形外科がある病院に行って適切な治療を受ければ、大きく症状を改善できることは、けっして珍しいことではありません。しかしながら、少しでも油断をすると再発してしまうんですね。

したがいまして、病院での治療が功を奏して症状を回復させることに成功したとしても、絶対に油断をしてはいけないのであります。坐骨神経痛という病気は、ちょっとした油断で再発することになるんですね。

坐骨神経痛の再発を防止するためには、目的を持って防止策を講じる必要があるでしょう。

生活習慣の改善が必要な坐骨神経痛の再発防止

一旦良くなった坐骨神経痛を再発させないためには、生活習慣の改善は必須であると言えるでしょう。具体的に言えば、『坐骨神経痛の原因になり得ることはすぐに止める』ということになりますね。要するに、従来通りの生活を送っていたら、間違いなく再発してしまうということです。

また、坐骨神経痛の再発を防ぐためには、腰回りの筋肉を強化することも大切になるでしょう。筋肉は、患部となる腰関節全体を保護してくれますので、筋力トレーニングを行って鍛えておくべきですね。




スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク