五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

ウォーキングなど有酸素運動の実行で改善できる坐骨神経痛

スポンサーリンク

坐骨神経痛に効果がある運動療法

坐骨神経痛の症状を改善させる方法は色々ありますが、その中に一つに運動療法があるんですね。

坐骨神経痛の症状は、運動をすることで症状を改善できる可能性があります。坐骨神経痛を発症すると、どうしても患部を庇うことからカラダを動かさなくなります。

その結果、筋力は低下しますし血液の循環も悪くなってしまうんですね。そうすると、症状はさらに悪化することになるわけです。

そうはならないためにも、例え坐骨神経痛の悩みを抱えていると言っても、やはり運動はするべきなのです。それでは具体的に、坐骨神経痛に効果がある運動とはどのようなものなのでしょうか?

ウォーキングがおすすめです

坐骨神経痛の症状を改善させることを目的に運動をするのであれば、ウォーキングやジョギング、そしてストレッチ体操などが良いと言われております。

坐骨神経痛の発症で、運動不足の状態にありますと血液の循環は悪化した状態にあるはずです。

このような状態を解消するためには、有酸素運動であるウォーキングかジョギングが効果的なのですが、ジョギングは運動不足の人が始めるのは身体的な負担が大きいことから、個人的にはウォーキングを推奨させていただきます。

ウォーキングという運動は、身体的な負担は軽いのですが、ちゃんとした有酸素運動ですから、血液の循環を良くすることができますし、腹筋や背筋を強化することも可能ですので、結果として坐骨神経痛の症状を改善できるでしょう。

継続することに意味があります

坐骨神経痛の症状を改善させるための運動療法は、継続して実行しなければ意味がありません。例えば、ジョギングのような運動は身体的な負担が大きいことから、どうしても続けることができないというケースも珍しくありません。

それに対してウォーキングは、ジョギングよりもはるかに身体的な負担が軽いことから、例え運動不足の状態にある方であっても続けることは、それほど難しいことではないでしょう。また、降りる駅をずらすというような通勤を工夫することでウォーキングを実行することも可能です。

ウォーキングを一日や二日程度実行したところで、何の効果を得ることができません。運動は、続けてこそ始めて意味があるものとなってまいります。ということで、ぜひ一日30分程度のウォーキングにチャレンジしていただければと思います。

ただ、どうしてもウォーキングは嫌だという方でプールが近くにあるということであれば、水泳や水中歩行などの水中運動もウォーキングよりもさらに身体的な負担が軽いですから良いでしょう。




スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク