五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

お尻に痺れが!坐骨神経痛を自分で治す方法ってあるの?

スポンサーリンク

放置で悪化する坐骨神経痛の症状

腰椎椎間板ヘルニアを発症すると、坐骨神経痛の症状が現れることが少なくありません。

坐骨神経痛の代表的な症状と言いますと、腰の痛みや臀部の痺れということになりますね。そして、坐骨神経痛を放置して悪化させますと、症状の範囲が拡大していくことになるでしょう。

そんな時、坐骨神経痛を治す方法があれば、非常に助かりますよね。坐骨神経痛を自分で治す方法はあるのでしょうか?

坐骨神経痛の症状の改善は可能です

坐骨神経痛を自分で治すことができるのかと申しますと、これは甚だ疑問でありまして、やはり専門の病院に行って適切な治療を受けるべきでしょう。坐骨神経痛の完治を望むのであれば、何よりも病院に行きましょう。

ただし個人の努力でも、症状を改善させることは可能であると言えるんですね。少なくとも、今以上の悪化を防ぐことは、可能性としてさらに高いかもしれませんね。

ということで、坐骨神経痛の症状を自分で改善させるということであれば、ストレッチ体操がおすすめなのであります。

坐骨神経痛に対するストレッチ効果

坐骨神経痛を起こしているということは、患部は血行不良と筋肉が緊張状態にあるわけです。それに対して、ストレッチ体操を行うことで血液の流れを良くして筋肉を解すことができれば、痛みや痺れの症状が軽減されることになるでしょう。

ただしストレッチ体操は、1日や2日程度の単発で行っても効果が得られませんので毎日実行する必要があります。毎日、ストレッチ体操を行うことで、徐々に症状が改善されていくはずです。

ただしストレッチ体操は、痛みや痺れの症状があまりにも酷い場合は、無理をしてまでも実行しないようにしてくださいね。症状が酷い時に、無理をして行ってしまいますと、逆効果となって悪化することになりますからご注意いただきたいと思います。

悪い姿勢を正しましょう

現代人は、姿勢が悪い人が多いのですが、健康な人はまだしも坐骨神経痛の悩みを抱えている人にとっては悪い姿勢は大問題となります。

せっかく毎日ストレッチ体操を行ったとしても、その努力を台無しにすることになりかねません。そうはならないためにも、悪い姿勢は正す必要があります。

また、デスクワークのように同じ姿勢で長時間取り続けるという行為も危険ですので、業務の合間に必ず休憩を挟むようにしていただければと思います。

実のところを申せば、皆さんが思っている以上に姿勢の問題というのは坐骨神経痛を抱えている方にとっては大きいのであります。




スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク