五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

脊柱管狭窄症は手術を受けることで完治する病気ですか?

スポンサーリンク

完治させるのは難しい脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症という病気は、その多くの原因は老化にあります。脊柱管という部位は、年齢と共に老化現象が現れて狭まっていくんですね。

そんなことから脊柱管狭窄症は、ご高齢の方に多い病気なのであります。そんな脊柱管狭窄症という病気は、完治する病気なのでしょうか?

ハッキリと言わせていただくとすれば、完治する可能性がゼロではありませんが、非常に困難であると考えるべきでしょう。

それでは、なぜ脊柱管狭窄症という病気は完治させるのが難しいのでしょうか?

再発率が高い脊柱管狭窄症

なぜ脊柱管狭窄症と呼ばれる病気は、完治させるのが難しいのかと申しますと、それは再発率が高い病気だからなんですね。

実際に、症状が改善された患者さんでも、油断しているわけではないと思うのですが、痛みや痺れの症状が、また現れうようになったという方が非常に多いのであります。

脊柱管狭窄症の治療において、最後の手段は手術ということになります。この最後の手段である手術を受けたとしても、やはり再発してしまったという患者さんは少なくないのであります。このような方たちは、残念なことに再手術ということになってしまいます。

一生の付き合いとなる脊柱管狭窄症

手術という医療行為を考えた時、この治療を受ければ完治するというイメージが強いかもしれませんね。しかしながら、脊柱管狭窄症という病気に関しましては、例え手術を受けたとしても再発する可能性は低くないのであります。

脊柱管狭窄症は、非常に完治率が引く病気と言われているんですね。したがいまして、病状次第では一生の付き合いとなってしまうのです。

もちろん、脊柱管狭窄症して一生の付き合いを覚悟したからと言って、ただ手をこまねいているだけではいけませんね。再発防止に向けた努力をする必要があるでしょう。それでは具体的に、脊柱管狭窄症を防止するためにはどうしたら良いのでしょうか?

脊柱管狭窄症の再発を防ぎましょう

脊柱管狭窄症の再発を防ぐためには、何よりも生活習慣の見直しが大切になります。従来通りの生活を送っていたら、やはり再発させる確率が高くなってしまいますので、腰への負担をできるだけ避けるようにする必要があるんでしょう。

具体的には、下記のようなことに気をつけて日々の生活を送るべきです。

・重い物は持たないこと
・腰への負荷が大きい運動はやらないこと
・同じ姿勢を長時間取らないこと

ご高齢の方は、歩く時に杖を使うのも再発防止には効果がある方法です。また、患部周辺に存在する筋力アップを図ることも再発防止に繋がりますので、日常生活に適度な運動療法を取り入れるのも良いでしょう。



関連記事

スポンサーリンク