五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

保存療法では治らない!脊柱管狭窄症の手術という治療方法

スポンサーリンク

保存療法が行われる脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)を発症して病院に行きますと、多くの場合、保存療法が実施されることになります。

ちなみに、保存療法とは手術をしない治療の方法ということになります。要するに、血を見ない治療方法ですね。

ということで、脊柱管狭窄症を発症したからと言って、積極的に手術を推奨してくるドクターはいないでしょう。もし医師が、いきなり手術を勧めてくるようであれば、別の病院で、あらためて診察を受けたほうが良いかもしれませんね。

保存療法の具体的な治療の内容

脊柱管狭窄症を治すために、具体的な下記のような治療が実施されることになるでしょう。

・薬物療法
・運動療法
・超音波療法
・牽引療法

脊柱管狭窄症の治療では、何よりも痛みや痺れなどの症状を抑えこむために薬物療法が実施されることになります。脊柱管狭窄症の薬物療法で使われる薬には、「消炎鎮痛薬」「筋弛緩薬」「プロスタグランジンE1製剤」「ビタミン12」などの薬剤があげられます。

脊柱管狭窄症は、上記のような治療を受けることで、多くの場合、治すことができますが、万が一、保存療法では症状が改善されない場合は、いよいよ手術という選択肢が現実味を帯びてくることになります。

手術が必要な重度の脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症も症状が重度で保存療法では症状が改善されない場合は、手術以外の治療方法はありません。例えば、患部の痛みが激しくて症状が強く現れていることから、日々の生活にまで支障が出ているようなケースでは手術という治療が必要となるでしょう。

ただし、手術という選択肢の決定権は、当然のことながら医師にではなく患者さんの側にあります。実際に、手術という選択肢を検討するような場合は、どのようなリスクがあるのかということを具体的に説明してもらうべきです。

また、どのような手術が行われるのかということについても、しっかりと説明してもらうようにしましょう。もし、適当な説明しかしてもらえないようであれば、病院を換えた方が良いかもしれませんね。

ちなみに、脊柱管狭窄症の手術は“内視鏡下腰椎椎弓切除術(ないしきょうかようついついきゅうせつじょじゅつ)”が行われることになります

内視鏡下腰椎椎弓切除術は、腰部脊柱管狭窄症に対して内視鏡下腰椎椎間板摘出術に準じている内視鏡を使って、狭窄している脊柱管を広げるという方法になります。

例えどのようなケースであっても、手術と名が付けば、そこには必ずリスクというものが存在しますので、できれば手術を避けるためにも、脊柱管狭窄症は早期に治療を開始したいものですね。

関連記事

スポンサーリンク