五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

脊柱管狭窄症のリハビリで行う運動とするべきではない症状

スポンサーリンク

脊柱管狭窄症に効果がある運動療法

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)を発症しますと、何らかの原因で狭くなった脊柱管が神経を圧迫して椎間板ヘルニアと同じような症状が現れてまいります。

要するに、患部である腰に痛みや痺れ、そして違和感などの症状が現れてくるわけですね。

そして、このような症状が現れている時というのは、患部である腰周辺の筋肉は緊張状態にあり、さらには血液の循環も悪くなっているのです。

そんな時、治療のリハビリを目的としてウォーキンのような運動療法を行うことで、血液の循環を良くすることができますし、緊張状態にある筋肉を解すことができるんですね。

さらに言えば、運動療法を行うことで、腰周辺の筋肉を強化することもできますので、結果として患部にかかる負担を軽くできるのであります。

痛みが強い場合の運動はNGです

当たり前のお話ではありますが、脊柱管狭窄症と一言で言いましてもその症状は患者さん毎に大きく違っているわけでありまして、例えば、患部に炎症が発生していたり、あるいは痛みが強い患者さんの場合は、無理をしてまで運動をしない方がよいでしょう。

また、運動をした方が良いのか、あるいはするべきではないのか判断に迷う場合は、主治医と相談するべきですね。症状によっては、医師の方から運動をすすめられることもありますし、その反対に運動を止められることもあります。

繰り返しになりますが、くれぐれも無理を押してまでも運動は実行しないようにしてくださいね。

脊柱管狭窄症におすすめの運動は?

前述した通り、運動療法を行うことで緊張状態にある筋肉を解すことができますし、腰周辺の筋肉を強化することで患部への負担を軽くすることができます。そんなことから、脊柱管狭窄症の症状が重度でない限り、運動療法は非常に効果が期待できる治療の方法でもあるのです。

ただ、運動といいましても色々な種類がありますが、血液の循環を良くするためには有酸素運動が最も適している運動であると言えるでしょう。

有酸素運動と言いますと、ジョギングやスイミング、そして自転車漕ぎなどがありますが、おすすめの有酸素運動は身体的な負担が軽いウォーキングになります。様々にある有酸素運動の中でも、最も続けやすいのがウォーキングなんですね。

ウォーキングという運動は、例え運動が苦手の人であっても実行することができる運動ですし、トレーニング施設や特別な道具を準備する必要もありません。

ただ、ウォーキングを行うにあたっては、脊柱管狭窄症の治療が目的なわけですから、歩幅を少々大きく取って、腕もしっかりと振るようにすると、さらに良い効果が期待できます。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク