五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれが大きく軽減するブロック注射

スポンサーリンク

手術は避けたい脊柱管狭窄症の治療

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)を発症すると、場合によっては痛みやしびれの症状が酷く現れることがあります。

脊柱管狭窄症は、早期に治療を開始することができれば、外科的な手術という治療の方法を避けることができますが、遅れてしまいますと、手術という選択肢が現実のものとなりかねません。

このような事態を招かないためにも、早く治療を開始することは非常に大切なことなのであります。そして、脊柱管狭窄症による酷い痛みやしびれの症状を抑えるために大きく効果を発揮する治療法の一つにブロック注射という方法があるのです。

ブロック注射とは?

ブロック注射は、正式名称を神経ブロック注射と言いまして、神経ブロックと呼ばれることもあります。そしてブロック注射とは、痛みやしびれの症状が現れている時に、患部に対して局所麻酔薬を注入することで症状を抑えこんでしまうという治療の方法です。

患部には、麻酔薬が注入されることから、当然、神経は麻痺することになります。その結果、痛みやしびれという症状は大きく軽減されることになるわけですね。

脊柱管狭窄症の治療では、一般的に薬物療法が実施されることになりますが、このような治療では思ったような効果を得られない場合に、医師からブロック注射をすすめられることになるでしょう。

硬膜外ブロックと神経根ブロック

ブロック注射には、硬膜外ブロックと神経根ブロックと呼ばれる二つの方法がありまして、最初は硬膜外ブロックによって痛みやしびれの症状を抑えることを試みることになります。しかし、硬膜外ブロックでは症状を抑えることができない場合は、神経根ブロックが実施されることになるでしょう。

一般的にブロック注射による治療は、このような二段構えで行われております。硬膜外ブロックと神経根ブロックは、具体的に下記のような治療の内容になっています。

・硬膜外ブロック・・・硬膜外ブロックでは、硬膜外腔(こうまくがいくう)と呼ばれる人体組織に薬を注入する治療の方法になります。この治療によって、脊柱管狭窄症の発症で起きている炎症を抑えにかかるわけですね。

・神経根ブロック・・・神経根ブロックでは、神経に対してダイレクトに薬を注入する治療のほうほうになります。薬が神経に対して直接働きかけることになりますから、痛みやしびれという症状を抑えるためには非常に大きな効果を得られる治療であると言えるでしょう。

以上のように、ブロック注射という治療の方法は、痛みやしびれという症状を抑えこむためには非常に効果が高い方法でもあるのですが、その効果は長きに渡って続くものではありません。

あくまでも効果は一時的なものでしかなく、根本的な治療にはならないことを認識しておく必要があるでしょう。



関連記事

スポンサーリンク