五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

慢性化しやすい動かす頻度が多い手や足に起きる腱鞘炎

スポンサーリンク

使用頻度が高い指を含む手や足

筋肉のパワーを四肢の先端に伝える組織に腱があります。この腱は、不安定に動きまわらないように腱鞘と呼ばれる筒状の組織の中を通っているんですね。

そして、腱と腱鞘の間で炎症が発生することを腱鞘炎と言うわけです。腱鞘炎は手や指、足などの使い過ぎが原因となって引き起こされます。

指を含む手や足は、使用頻度が高いですから腱鞘炎が起きやすい部位であると言えるんですね。また、指を含む手や足の使用頻度が高いということは、腱鞘炎が起きてからも同様でありまして、そんなことから非常に慢性化しやすいのであります。

そんなことから、慢性化した腱鞘炎に悩まされている方は大変多いというのが実情なのです。

放置することで慢性化する腱鞘炎

実際に腱鞘炎を発症した時、『たかが腱鞘炎くらい・・・』などと放置されてしまうケースが少なくありません。前述した通り、手や足という部位は非常に使用頻度が高い部位です。日常生活を振り返った時、手や足を使わない日なんてありませんよね。

そんなことから、腱鞘炎を重症化させてしまう方が多いのであります。腱鞘炎を重症化させてしまいますと、その先には慢性化というものが待っているんですね。ハッキリと言わせていただきますが、腱鞘炎は慢性化させてしまう方が圧倒的に多のであります。

また、運良く腱鞘炎が治った方でも、再発させる方が非常に多いのです。そもそものお話ですが、腱鞘炎は患部の使い過ぎが原因で起きる病気ですから、従来と同じような生活パターンで暮らしていたら再発するのは当たり前と言えるでしょう。

もっとも手や足を使わない生活なんて考えられませんので、仕方がない面もあるかもしれませんね。

腱鞘炎の慢性化を防ぐ方法は?

例えば、パソコンの作業をするような仕事をしている人やプロフェッショナルの楽器奏者たちは、手や指の使用頻度が非常に多い職業ですから、一度腱鞘炎を発症させてしまいますと慢性化しやすいと言えます。

このような方たちが、腱鞘炎を慢性化させないためには、なによりも発症し時にしっかりと治療する必要があるでしょう。

作業や演奏をするのであれば、合間に必ず休憩をはさむこと。そして手や指のストレッチをすることなども腱鞘炎の慢性化を防ぐためには有効なのであります。

腱鞘炎は、自分の生命に危機が及ぶような病気ではないことから、軽く考える方が多いのですが、慢性化させると非常に厄介な病気でもありますので、絶対に油断しないようにしてくださいね。



関連記事

スポンサーリンク