五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

薬局で購入できる腱鞘炎に効果があるおすすめのサポーター

スポンサーリンク

痛み軽減におすすめのサポーター

スポーツ選手だけではなく、運動するときなど一般的にも広く使われているアイテムにサポーターがあります。

ちなみにサポーターとは、運動するときなどにカラダの一部を保護するために装用するゴムの入った布製品のことを言います。

そんなサポーターなのですが、運動するときだけではなく腱鞘炎の痛みを和らげる時などにもおすすめと言えるのであります。ハッキリと言わせていただくとすれば、サポーターは腱鞘炎の痛みを軽減させるためには有効なのです。

腱鞘炎に対するサポーターの効果

サポーターを装用することで、患部が固定されることから可動範囲を制限することができるんですね。もちろん、動きが制限されるわけですから最初は違和感があるかもしれませんが、当然、その分患部に対する負担は大きく減らすことができます

その結果として、痛みの症状が軽減されるわけなんですね。また、サポーターを装用することで腱鞘炎の症状の慢性化を防ぐこともできるでしょう。

サポーターの効果は、多くのスポーツ選手が活用していることからも明らかと言えるのではないでしょうか?プロの選手は、効果がないものを使ったりしませんからね。

薬局でも購入できるサポーター

サポーターは、ドラッグストアなどでも簡単に手に入れることができます。しかしながら、腱鞘炎の症状が酷い場合は、医療用のサポーターを使うようにしましょう。

当然のことながら、医療用のサポーターを使う場合は、整形外科のある病院に行って專門の医師に相談した上で、症状に合った適切な医療用のサポーターを選んでもらう必要があります。

そして、サポーターの使用にあたっては、医師の指導をしっかりと守るようにしてくださいね。自己流で使ってしまっては、症状を悪化させてしまう可能性がありますので、ご注意いただきたいと思います。

サポーターを使用する際の注意点

腱鞘炎対策としてサポーターを使用するにあたっては、注意すべき点がいくつかありますが、それは下記のようなものになります。

・長時間にわたって使わないこと
・締め付けのバランスに要注意
・肌荒れに注意しましょう

それでは、個々に説明させていただきますね。

・長時間にわたって使わないこと・・・サポーターは、必要なときにだけ使うようにするべきです。なぜならば、サポータを長時間にわたって使い続けてしまいますと、炎症を起こしている部位の筋力が低下して治りづらくなるからなのであります

・締め付けのバランスに要注意・・・サポーターの締め付けがキツかったりしますと、血液の循環が悪化して血行不良を起こす可能性があります。

しかしながら、その反対に締め付けが緩かったりすると、サポーターとしての効果が弱くなってしまうんですね。締め付けのバランスに関しましては、専門家の指導を受けながら適切にセッティングする必要があるでしょう。

・肌荒れに注意しましょう・・・サポーターの材質によっては、肌が弱い人は肌荒れを起こす可能性がありますのでご注意いただきたいと思います。

腱鞘炎対策として、サポーターは効果があることは間違いないところですが、その反面、サポーターを装用したからと言って、根本的な治療にはならないことは認識しておきましょう。



関連記事

スポンサーリンク