五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

首こりは冷やすのと温めるのとどちらにすべきですか?

スポンサーリンク

首こりの症状によって異なる治療法

関節を痛めたりすると、その症状によって冷やす治療法と温める治療法があります。

そして首という部位も関節なわけですから、首こりの症状を改善させるためには冷やす治療法と温める治療法のどちらを実行すれば良いか迷うことがあるかもしれませんね。

しかしながら、首のこりを改善させるためには、冷やした方が良いケースと温めた方が良いケースがあって、症状によって治療方法を合わせてあげる必要があります

そこで今回は、首こりの症状を改善させるにあたって、冷やした方が良いケースと温めた方が良いケースをそれぞれ説明させていただきたいと思います。

冷やした方が良い首こりの症状

首こりの症状で冷やした方が良いケースというのは、患部が炎症を起こしている場合になります。スポーツなどが原因で、首に衝撃を受けたりして炎症を起こすことがあります。また、交通事故などでも起こり得ることですよね。

このように患部が炎症を起こしている場合は、温めてしまいますと患部周辺の血行が良くなり、症状が酷くなってしまいますからね。このような場合は、患部を温めるのではなく冷やしてあげるようにしましょう。

温めた方が良い首こりの症状

首こりも一時的なものはともかくとして、この症状が慢性的に続いたりしますと、かなりイライラさせられますし、なかなか辛いものがあるでしょう。このような慢性的な首こりの症状を改善させるためには、患部を温める治療が有効となります。

慢性的な首がこるということは、患部周辺が血行不良となっていて、筋肉も緊張状態にありますので、温めてあげることでこの緊張した状態にある筋肉を解してあげることができるんですね。そうすると、血液の循環も良くなって首こりの症状も改善されるわけであります。

ということで、慢性的な首こりの症状を改善させるためには、冷やすのではなく温めてあげるべきですね。そしてさらに言えば、最初に首周りを温めてから、全身も温めてあげるとさらに良い効果を得ることができるでしょう。

状況に応じて使い分けましょう

繰り返しになりますが、首こりの症状を改善させるためには、冷やした方が良いケースと温めた方が良いケースがあります。これは、患部の症状に合わせて使い分ける必要があるわけですね。

しかしながら、そうは言っても自分では判断できないこともあるでしょう。このように自分では分からない時は、自己判断するのではなく、整形外科のある病院に行って専門医に相談するべきでしょう。

誤った治療方法を実践して、症状を悪化させないようにしてくださいね。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク