五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

ストレスや身体的な不調が原因となって現れる首こりの症状

スポンサーリンク

肩がこる時は大概首もこっています

皆さんはご存知ですか?肩がこっている時というのは、多くの場合、首もこっているということを・・・。

なんだか肩がこっているので、自分で肩のマッサージなどを行って改善しようとする方は多いのですが、結果とし首こりが放置されてしまうことが少なくありません。

そして、首こりは放置されると着実に悪化することになるでしょう。そんな首こりなのですが、その原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

首こりの原因として考えられること
首こりの原因としましては、具体的に下記のようなことが考えられるでしょう。

・ストレスの蓄積
・乱れた生活習慣
・骨や関節の異常
・何らかの病気
・眼精疲労
・筋肉疲労
・運動不足
・老化

それでは、個々に説明させていただきますね。

・ストレスの蓄積・・・ストレスが蓄積されると、自律神経のバランスが崩れてしまうことがあります。人間のカラダの様々な器官をコントロールしている自律神経のバランスが崩れてしまいますと、全身に色々な症状が現れる可能性があるんですね。

その一つが、首こりという症状なのであります。そもそものお話ですが、自律神経のバランスが崩れる前にストレスは血液の循環を悪化させることから、それだけでも首こりの原因になってしまうでしょう。

・乱れた生活習慣・・・睡眠不足が続いたり、栄養バランスが悪い食生活を続けるなどで生活習慣が乱れていたりしますと、それはやはり首こりの原因になってしまいます。

・骨や関節の異常・・・頸椎周辺の骨や関節に異常が発生していますと、首こりや痛みという症状となって現れることがあります。

・何らかの病気・・・高血圧や糖尿病、そして狭心症などの病気を患っていたりしますと、それが原因となって首こりの症状が現れることがあります。

・眼精疲労・・・眼精疲労でなどで目に疲れが溜まりますと、血液の流れが滞ってしまうんですね。このような血液循環の悪化は、首周辺にも影響が及んで首こりの症状となって現れることがあるのです。

・筋肉疲労・・・頸部周辺の筋肉に疲れが溜まりますと、そこは血液の循環が悪くなってしまうんですね。その結果、首がこることがあるわけです。首という部位は、非常に重量がある頭部を単独で支えていることから、非常に負荷がかかっているんですね。

そんなことから首は、非常に疲れ安い部位であると言えますから、負担を軽減させるためにも、日常的なケアが必要と言えるでしょう。

・運動不足/・老化・・・運動不足や老化もまた、首こりの原因になるでしょう。現代人は、圧倒的に運動不足の人が多いので、お気をつけいただきたいと思います。

首こりの原因は、非常に多岐にわたっておりまして、複合的に原因が重なって首こりという症状が現れることもあります。



関連記事

スポンサーリンク