五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

朝起きた時に首が痛い場合にその原因として考えられること

スポンサーリンク

珍しくない朝起きた時の首の痛み

朝起きた時に首が痛いなんてことは、けっしてそれほど珍しいことではありませんよね。

何しろ『寝違えた』などという言葉があるくらいですから、多くの方が経験していることでしょう。

ただし、朝起きた時に首が痛いという症状は、寝違いだけが原因というわけではありません。それでは具体的に、寝違えを含めて朝起きた時に首が痛くなる原因として、どのようなことが考えられるのでしょうか?

首が痛い原因として考えられること

朝起きた時に首が痛くなる原因としましては、下記のようなことが考えられます。

・寝違えを起こしている
・枕の高さが合わない
・頸骨に異常が起きている
・頸部の酷使
・悪い歯並び

それでは、個々に見ていくことにしましょう。

・寝違えを起こしている・・・就寝前までは何ともなかったのに、朝起きた時に首に現れた痛みで動かすことができないようなケースでは、その多くは寝違えを起こしていると考えてよいでしょう。

なぜ、このようなことが起きるのかと申しますと、何らかの原因によって首に負担がかかって首が痛くなってしまうのであります。

・枕の高さが合わない・・・これは、上記の寝違えにも関係することですが、枕の高さが合っていなかったりしますと、首に負担がかかってしまって、起きた時に痛みという症状が現れることがあります。

例えば、新しい枕に換えることがあるかと思いますが、このような時に首の痛みが現れたような場合は、痛みの原因が枕にある可能性が高くなります。

・頸骨に異常が起きている・・・頸骨に何かしらの異常が起きていると、当然のことながら首に痛みという症状が現れても何の不思議もありませんので、思い当たる点がある場合は、早めの病院に行って検査を受けるようにしましょう。

・頸部の酷使・・・仕事柄、長時間にわたってパソコンの操作を続けたり、あるいはスマホ病と言われるほどスマートフォンにのめり込んだりしますと、重量のある頭部を首が支え続けることになりますので、頸部が酷使されることになります。

その結果、首に痛みという症状が現れてしまうわけですね。

・悪い歯並び・・・悪い歯並びの状態で、長きにわたって生活をしていますと、様々な異変がカラダに起きてくることがあります。そんな異変の一つが、首の痛みなのであります。

歯並びが悪い状態にありますと、物を噛んだ時に発生する不自然な力が頚椎へと伝わって負担がかかり、それが首に発生する痛みの原因となることがあるのです。



関連記事

スポンサーリンク