五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

首の痛みや肩こり頭痛などの症状が現れるストレートネック

スポンサーリンク

カーブがなくなるストレートネック

頚椎に異変が現れる病気の一つに、ストレートネックと呼ばれる疾患があります。

そもそものお話ですが、頚椎というのは緩やかなカーブを描いた状態にあるのですが、何らかの原因によって頚椎からカーブが失われて真っ直ぐになってしまうことがあるんですね。

このように頚椎が、真っ直ぐになった状態をストレートネックと言います。ストレートネックになりますと、実に様々な症状が現れてまいります。

それでは、なぜ頚椎からカーブが失われて真っ直ぐになってしまうのでしょうか?

ストレートネックを引き起こす原因

頚椎が正常な状態にある方の首は、だいたい30~40度くらいの傾きがあります。ところが、日々姿勢が悪い状態を続けていますと、頚椎に大きな負担になってしまいます。特に問題になるのは猫背なんですね。

もしかしたら、あなたも背中を丸めた状態で長時間にわたってパソコンの作業をしたりしていませんか?長時間のデスクワークは、

また、運動などで頚椎に大きな負担をかけてしまうこともあるでしょう。これらのことが原因となって、首からカーブが失われてストレートネックになってしまうのであります。

ストレートネックで現れる症状

頚椎からカーブがなくなってしまい、ストレートネックになりますと、下記のような症状が現れてくるでしょう。

・首のこりや痛み
・頭痛
・肩こり
・手の痺れ

首のこりや痛みがなかなか治らない場合は、ストレートネックの可能性がありますので、病院に行って検査を受けるべきです。

上記にあげているような症状は、常時現れているわけではなく、例えば首を後ろの方に曲げるよな動作をすると痛みの症状が現れたり、あるいは疲れを感じると頭痛がしたりします。

また、座っているだけなのに首こりや肩こりが起きるような場合は、ストレートネックを発症している可能性が高いと言えるでしょう。

増え続けるストレートネックの患者

身体的な機能が自然な状態である生理的前湾角度は、30~40度ありますが、この角度が30度以下になりますとストレートネックと言われます。そして、ストレートネックは頚椎が真っ直ぐになった状態を表現する言葉ですから、病名ではないのであります。

現代社会は、パソコンの普及率が非常に高いことから、職場はもちろんのこと、各ご家庭にもかなり普及しているはずです。

パソコンのなかった昔は、ストレートネックと言われる症状が問題になることはありませんでしたが、近年ではストレートネックの悩みを抱えた方が急速に増えているのであります。

関連記事

スポンサーリンク