五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

オフィスなどで誰でも簡単にできる肩こり解消のストレッチ

スポンサーリンク

肩こり解消に効果があるストレッチ

皆さんもご経験があるかと思いますが、オフィスなどのデスクワークで長時間にわたって同じ姿勢でいたりしますと、どうしても肩や首などこってしまいますよね。

これは、同じ姿勢を取り続けることによって肩や首周辺の筋肉が緊張状態となって、血行不良が起きた結果でもあるわけです。

このような肩や首のこりを防止するためには、デスクワークの合間に適度な休憩を取り入れて、ストレッチを実行すると良いでしょう。またすでに、肩こりや首こりが起きてしまっていたとしても、ストレッチを実行することで解消できます。

肩こりを解消できるストレッチ方法っ

肩こりを予防したり、あるいは解消したりできるストレッチの方法はいたって簡単なものになりますが、具体的に下記のように実行するとようでしょう。

【簡単にできるストレッチの方法】
(1)最初に両手の指を組んでください
(2)指を組んだ手を頭上にあげて伸ばしましょう
(3)指を組んだ手のひらを上に向けるようにしてください
(4)腕全体を後ろに向かって伸ばしてください

以上の方法が肩こり予防や解消に効果があるストレッチになります。尚、余裕がある方は、手のひらを外側にして前の方に向かって伸ばす方法も効果があります。この場合は、少々下向き加減で背中を丸めるようなイメージで行ってくださいね。

上記のような方法でも、オフィスで気軽の実行できるかと思いますが、それでも雰囲気的に恥ずかしいようであれば、次のような方法も試してみてください。

【動作が目立たないストレッチ】
(1)最初に腕を後ろの回して指を組んでください
(2)指を組んだ手のひらを上方に向かって伸ばしましょう

いかがですか?これだけで、肩こりの予防や解消のためのストレッチを実行することができるのです。このストレットであれば、それほど人の目を気にすることなく実行できると思います。

ネットでは動画解説も見られます

肩こりの予防や解消するためのストレッチ法は、ネット上でもたくさん見ることができます。もしご覧になりたいということであれば、ユーチューブの画面で「肩こり ストレッチ」で検索していただければ動画による解説が出てきます

このようなストレッチは、自分が一番やりやすい方法で実行することが、継続するにあたってのポイントになりますので、いくつかの方法を実際にやってみて、やりやすい方法をマスターしていただければと思います。

ストレッチは、やはり継続して実行しないとあまり意味がありませんからね。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク