五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

肩こりの症状を改善したり解消に効く成分ってありますか?

スポンサーリンク

肩こりの解消に効く成分があります

人間のカラダが必要としている栄養素が不足することで、身体的な不調に陥ることは少なくないでしょう。

その反対に、ある種の身体的な不調を改善できる成分もあったりするわけであります。

ということで悩まされている方が非常に多い肩こりなのですが、このような症状を改善したり、あるいは解消に効果を発揮してくれる成分があるんですね。

それでは具体的に、肩こりに効果がある成分にはどのようなものがあるのでしょうか?

肩こりに効く代表的な3つの成分

肩こりの症状を改善する効果を期待できる代表的なものには、下記のような3つの成分を上げることができるでしょう。

・各種のビタミン類
・ルテイン
・コラーゲン

それでは、個々に見ていくことにしましょう。

・各種のビタミン類・・・ビタミンB群やビタミンC、そしてビタミンEなどのような各種のビタミン類を積極的に摂取することで肩こりの症状を改善することができる可能性があります。

具体的に言いますと、ビタミンB1には筋肉の疲労回復作用がありますし、ビタミンB12は傷ついている末梢神経を修復したり、あるいは貧血の改善効果もあるのです。

そもそものお話ですが、ビタミンBに関しましては不足すると肩こりの症状が酷くなると昔から言われていますからね。

さらに言えば、ビタミンEは血行促進の効果を持っているのであります。以上のように各種のビタミン類というのは、なかなかの優れものと言ってよいかもしれませんね。

・ルテイン・・・肩こりの原因が、スマートフォンやパソコンのやり過ぎなど目の酷使による眼精疲労などからきているケースがあります。このような肩こりに対しては、元凶となっている眼精疲労対策を施す必要があるでしょう。

そんな時に有効となるのが、眼精疲労の回復に効果を期待できるルテインと呼ばれる成分なのであります。ということで、目を酷使しがちな方は、ルテインを積極的に摂取するとよいでしょう。

・コラーゲン・・・コラーゲンと言いますと、一般的には美肌効果があることで知られている存在かと思いますが、実は肩こりにも効果がある成分でもあるんですね。

コラーゲンは、新陳代謝を促進する効果があることからお肌に良いわけですが、新陳代謝を促進できるということは肩こりの改善にもなるのであります。

上記で述べている3つの成分以外に、肩こりに効果を期待できる成分としましては、「大豆イソフラボン」「カプサイシン」「葉酸」などをあげることができます。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク