五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

五十肩や肩こりの症状改善の効果を期待できるビタミンe

スポンサーリンク

トコフェロールとトコトリエノール

皆さんは、詳細はともかくとしてビタミンEと呼ばれる栄養素の存在はご存知のことと思います。

ビタミンEの存在は、アメリカ合衆国において1922年にハーバート・エバンスさんとキャサリン・ビショップさんによって明らかにされた脂溶性ビタミンの一種になります。

そしてこのビタミンEには2種類ありまして、それが「トコフェロール」と「トコトリエノール」なのであります。世の中で普通にビタミンEと言われているのはトコフェロールの方です。

また、1950年代に突入してから新規に発見されたのがトコトリエノールでありまして、世の中では“スーパービタミン”と言われております。

トコトリエノールがスーパービタミンと呼ばれる様になったのは、トコフェロールと同様の効果持っていながら、それだけに留まらない優れた効果を有しているからなのであります。

それでは具体的に、ビタミンEの効果にはどのようなものがあるのでしょうか?

ビタミンEが持っている優れた効果

ビタミンEが持っている優れた効果としましては、なによりも強い抗酸化作用ということになるでしょう。人間のカラダの中に、活性酸素が増えますと老化が進みやすく、その結果、様々な病気の原因になってしまいます。

その病気の中には、五十肩や肩こりが含まれているわけなんですね。そんな五十肩や肩こりの原因となる活性酸素なのですが、強い抗酸化作用を持っているビタミンEを摂取することで、排除することができるんですね。

また、ビタミンEには男性ホルモンや女性ホルモンに対して代謝を促進してくれることから、生殖機能を襲う癌細胞を抑制したり、あるいは更年期障害の予防効果もあるのです。

さらに言えば、ビタミンEには血管の拡張作用と血液の流れを良くする効果もあることから、新鮮な酸素や栄養素を人体の細部まで届けられるようになることから、お肌のコンディションも良くなりますし、血液循環の悪化が原因の一つである五十肩や肩こりにも良い効果があるわけです。

ビタミンEを豊富に含んでいる食材

ビタミンEを豊富に含んでいる食材と言いますと、下記のようなものになります。

・アーモンドやピーナッツなどの豆類
・ほうれん草やカボチャ
・イワシやウナギ
・植物油

ビタミンEは、脂溶性ビタミンの一種ですから油に溶けやすいという性質があります。そんなことからビタミンEは、油で調理した上でカラダの中に摂り込むと吸収されやすくなるでしょう。

ちなみに一日におけるビタミンEの摂取量目安としましては、100~300mg程度と言われております。またビタミンEには、摂取許容量というものもありまして、それは一日に600~800mg程度となっておりますので過剰摂取にはご注意いただきたいと思います。

ということで、ビタミンEは五十肩や肩こりに効果があると言えるのであります。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク