五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

肩こりや五十肩に効果があるビタミンb1やビタミンb12

スポンサーリンク

ビタミンB群に属するビタミンB1

詳細にという意味合いでなければ、ビタミンという栄養素の存在をご存じない方は、いらっしゃいませんよね。

各種のビタミン類と言いますと、健康を維持するためには非常に大切な栄養素であることは、多くの方がご存知のことと思います。

それでは、ビタミンB1についてはいかがでしょうか?当たり前のことですが、ビタミンB1はビタミンB群に属しているわけですが、ビタミンB1以外のB群には、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビオチンなどがあります。

そんなビタミンB1なのですが、実は鈴木梅太郎さんという農芸化学者が1910年に発見したんですね。その後、続々と各種のビタミンが発見されることになるのです。

炭水化物をエネルギーに変えるB群

各種のビタミン類には色々な性質がありますが、その中でも水溶性で炭水化物をエネルギーに変換する働きがあるタイプがビタミンB群に分類されるようになったんですね。

ということで、ビタミンB群はエネルギーを補ってくれることから、疲れを回復させる効果があるわけです。さらにビタミンB群は、脳や皮膚などを健康に維持するためのサポートをする働きまで持つ優れものなんですね。

しかし前述した通り、ビタミンB群は水溶性であるという性質からカラダの中に蓄えておくことができません。要するにビタミンの良いところを活かすためには日常的に摂取する必要があるということになります。

ビタミンB1が持つ優れた効果

ビタミンB1というのは、糖の代謝を促することに咥えてエネルギーを筋肉や末梢神経に供給する働きを持っております。さらに、このような機能が正常に働くように促進してくれるんですね。

逆に言えば、仮にビタミンB1がカラダの中に少なくなってしまいますと、脳はエネルギー不足と認識するようになります。

そうすると、「五十肩」「肩こり」「食欲不振」「消化不良」「疲労感」「記憶力の低下」「注意力の低下」などの症状が現れやすくなってしまうのです。

ビタミンB1を豊富に含んでいる食材としましては、「レバー」「豚肉」「玄米などの穀類」「豆類」「豆腐製品」などが例としてあげることができます。

またビタミンB1は、B群と一緒に体内に摂り込むことでより良い効果を期待できますので、極力一緒に摂取するようにしましょう。

ちなみにビタミンB1の一日における摂取量の目安としては、大人の男性でおよそ1.5mgと言われております。これは、玄米で言えば、お茶碗で1.5杯程度になります。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク