五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

血行を良くするシナモンによる五十肩や肩こり改善の効果

スポンサーリンク

防腐剤としても使われたシナモン

シナモンと言いますと、一般的にもお菓子やケーキなどに使われることからご存知の方が多いかと思います。

中にはシナモンティーのように、紅茶の付け合せとして使う方もいらっしゃることでしょう。

そしてシナモンは、熱帯地方に生息しているクスノキ科の常緑樹でありまして、この樹木の桂皮を乾燥させた上で、スパイスとして使われているわけであります。

そんなシナモンなのですが、実は世界で最も古いスパイスの一つと言われるその一方で、紀元前4000年当時のエジプトにおきましては防腐剤としてミイラにも使われていたことでも知られた存在なのであります。

パウダーやスティックのシナモン

シナモンが日本に伝わったのは、8世紀頃ということですから、日本史の時代区分で言えば、奈良時代から平安時代にかけてになるでしょう。

そして今現在のシナモンと言えば、製菓業界では粉末状に加工された状態にあるシナモンパウダーや、桂皮の状態で細巻きにしたシナモンスティックが主として流通されております。

あのシナモンが持っている、独特の甘い香りに魅了されている方は少なくないでしょう。製菓業界でもシナモンの人気は高いものがありますからね。

薬用としてのシナモンの効果とは?

シナモンが使われているのは、何も製菓業界だけに限られた話ではありません。実は、薬としても使われているんですね。シナモンは、別名肉桂とか桂皮などと呼ばれておりまして、生薬としても使われているのであります。

薬用としてのシナモンの効果には、下記のようなものをあげることができます。

・抗菌作用
・解熱作用
・鎮痛作用
・発汗作用
・血行を促進する効果
・糖尿病を改善する効果
・高血糖を改善する効果

上記のような効果の中でも、特に着目すべき項目は「血行を促進する効果」なんですね。

着目すべきは血行を促進する効果

シナモンには各種の有効成分があるのですが、その中でもケイヒアルデヒド(シンナムアルデヒド)と呼ばれる成分には、末梢神経の血管を拡張させる効果があることから、毛細血管に発生している血行不良の改善を期待できるのであります。

毛細血管の血行不良は、五十肩や肩こりの原因になることから、これらの症状はシナモンが持っている毛細血管の血行促進効果により改善できる可能性があるわけです。

さらに言えば、シナモンには毛細血管の老化や加齢による血管の脆弱化を防ぐ効果もあるのです。ということでシナモンは、毛細血管の老化対策にもなることからアンチエイジングにも効果があると言えるのです。

ただし、シナモンの過剰摂取は肝臓に大きな負担をかけることになりますので、一日の摂取目安である約0.6gに収まるようにしましょう。

関連記事

スポンサーリンク