五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

五十肩や肩こりの症状を改善する効果があるクエン酸

スポンサーリンク

酸っぱい成分で健康に良いクエン酸

皆さんは、クエン酸ってご存じですか?多くの人にとってクエン酸は、非常に身近な存在なんですね。

クエン酸と言えば、ダイエットの世界でもよく知られている成分でもあります。もっと具体的に言いますと、柑橘類のレモンやグレープフルーツ、そして梅干しなどを食べた時の酸っぱく感じる成分がクエン酸なのであります。

ここまで聞きますと、あの健康に良いと言われる成分がクエン酸だったとご理解いただけるかと思います。

レモン果汁から発見されたクエン酸

クエン酸が発見さらたのは、スウェーデンの化学者である薬学者のシェーレ博士が1784年に行った研究の成果によるものです。

その後、ドイツ出身でナチスにユダヤ人による医師活動禁止措置を逃れてイギリスに移住した生化学者クレブス博士が、1937年にクエン酸サイクルを発見しました。

この業績によりクレブス博士は、1953年にノーベル生理学・医学賞を受賞することになるのであります。

クエン酸回路ってなんですか?

人が食べ物を食べると摂り込まれた栄養分は、カラダの中でクエン酸を始めとした8種類の酸に変換されることになります。その中から、エネルギーを作り出して最終段階では汗や尿として排出されるのであります。

このような一連の流れのメカニズムをクエン酸回路と呼んでいるわけですね。

このようなクエン酸回路の重要なポイントは、クエン酸回路が正常に機能していれば、エネルギーも滞り無く生成されることから疲労も回復しやすく、体調も良い状態で維持することが可能であるという点にあるのです。

しかし、逆を言えばクエン酸回路が正常に機能しなくなりますと、疲労回復が難しくなって疲れが溜まってしまうわけですね。そして当然のことながら、大切なエネルギーも生成されなくなってしまうのであります。

ということでクエン酸は、健康的な生活を送るためには、必要不可欠な栄養素ということになりますね。

五十肩に効果があるクエン酸

クエン酸を摂取すると、日中に活動することで人体に及ぼす筋肉疲労から生じる乳酸などの疲労物質が分解されやすくなります。要するに、筋肉疲労が原因となって発症する五十肩や肩こりの予防や症状の改善に有効ということになります。

さらに言いますと、クエン酸には「抗酸化作用」「血液循環を良くする」「食欲の増進」「免疫力をアップさせる」などなど実に様々な効果を得ることができるのです。

ちなみに一日におけるクエン酸の摂取目安としましては、2グラム程度と覚えておいていただければと思います。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク