五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

五十肩や肩こりに効果があるイチョウ葉エキスサプリメント

スポンサーリンク

増加傾向にある若い人たちの肩こり

皆さんも、五十肩はともかくとしても肩がこった経験というのはお持ちだと思います。

今更ですが、肩こりとは首や肩周辺の部位がだるくなったり、あるいは痛みという症状が現れるなどの不快な状態の陥ることです。

たかが肩こりと侮ってはいけません。肩こりを悪化させると、首こりや頭痛の原因にもなりますからね。誰だって、慢性的な頭痛持ちにはなりたくはないでしょう。

肩こりは、世界的に見ても日本人に多く現れてくる症状でありまして、近年ではスマートフォンやゲーム、そしてパソコンの長時間操作などが影響して、若い人たちの間でも急激に増えているのであります。

肩の関節に激痛が走る五十肩

肩こりにしても五十肩にしても、要するに肩に起きる疾患でありますが、五十肩の場合は肩関節に激痛が走るという症状が現れることから、その辛さは肩こりの比ではありません。

何しろ五十肩を発症すると、肩から腕にかけて走る激しい痛みで腕をあげることができなくなってしまいますからね。

五十肩は、40歳代の後半から50歳代にかけて発症するケースが圧倒的に多いのですが、こちらも近年では発症年齢が下がってきておりまして、実際に30歳代で五十肩になるケースも発生しております

肩こり五十肩を軽減するイチョウ葉

肩こりや五十肩を軽減する方法には色々ありますが、その中の一つにイチョウ葉エキスサプリメントを服用するという方法があります。

ところで皆さんは、イチョウ葉エキスってご存じですか?イチョウ葉エキスとは、文字通りイチョウの葉を乾燥させてから、イチョウの葉っぱが持っている有効成分を抽出したエキスということになります。

そもそものお話、イチョウの葉っぱが医療の現場で使われるようになった歴史は古く、16世紀初頭の中国で使われるようになったのが始まりと言われております。

その後、ドイツを始めとして世界各国で広く普及したのであります。ちなみに我が国日本では、イチョウ葉エキスの位置付けは“健康食品”という分類になります。

イチョウ葉エキスが持つ有効成分

イチョウ葉エキスが持っている有効成分には、「カテキン」「ケルセチン」などのフラボノイドが3お種類以上も含まれているんですね。

そしてこのフラボノイドは、非常に強い抗酸化作用を持っておりまして、老化の元凶となる活性酸素を排除する働きがあるのです。

また、イチョウの葉っぱにはギンコライドと呼ばれるイチョウ特有の成分が含まれておりまして、そしてこのギンコライドには血管の拡張と血液サラサラ効果があることから、血小板の凝固を防いで血栓ができづらくしてくれるのであります。

以上のように、血液の流れを良くする効果を持っているイチョウ葉エキスは、血行不良が原因となる肩こりや五十肩の症状を改善する効果が期待できるわけですね。

もちろん、イチョウ葉エキスはサプリメントでの補給ということになります。



関連記事

スポンサーリンク