五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

四十肩と五十肩の違いとは?

スポンサーリンク

同じ肩の疾患です

四十肩という肩の疾患があります。そして五十肩と呼ばれる方の疾患もあります。さてこの両者はどこが違うのでしょうか?

その答えは実に単純なものでありまして、実は名称が違うだけで全く同じ症状を現す、それこそ同じ病気なのです。


皆さんもご存知の通り、骨と骨が繋がっているところが関節ですが、その関節は関節包と呼ばれる袋で包まれております。

そして関節包と関節の間には、滑液あり骨同士が擦れて摩耗するのを防いだり、関節の動きが滑らかになるようにしてくれています。


これら関節包や肩の周辺にある骨膜組織が炎症を起こして、肩を動かすことができなくなったり、激しい痛みに襲われたりする症状を四十肩や五十肩と呼んでいるわけであります

四十肩や五十肩と呼ばれる肩の疾患は、原因が完全に解明されているわけではありません。

それでも年齢や筋力の低下によるものではないかと考えている専門家が多いようであります。

肩関節周囲炎です

ところでなぜ同じ病気にもかかわらず、違う病名が存在するのでしょうか?

そもそも、四十肩にしても五十肩にしても「肩関節周囲炎」と呼ばれる同じ肩の疾患なんですね

ただ単に、40代で発症し場合は“四十肩”で、50代で発症すると“五十肩”ということになります。要するに発症する年齢によって呼び名が違うということです。


昔は、肩関節周囲炎になる人というのは50代が圧倒的に多かったことから五十肩と呼ばれていたのですが、40代で発症する人が徐々に増えてきたことから四十肩という名称が誕生したのであります。

そしてこの肩関節周囲炎はさらに発症する年齢が低下傾向を見せておりまして、早い方ですと20代でも発症するケースまで出てきております。

そんなことから“三十肩”という名称が登場するのも、それほど先の話ではないかもしれませんね。三十肩を飛び越して“二十肩”というのはさすがに考えたくないことだと思います。


>>どちらも同じ肩関節周囲炎です<<に続きます。



関連記事

スポンサーリンク