五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

ためしてガッテンで放送された五十肩改善体操

スポンサーリンク

ためしてガッテンが取り上げた五十肩

いつ頃から始まったことなのかは、はっきりとした記憶があるわけではありませんが、今の時代はテレビの情報番組で色々な病気のことを取り上げるケースが増えているように思います。

そしてそれが、思いがけないほどの反響を呼ぶこともあるようですね。

NHKと言いますと、日本人で知らない人はいないと思いますが、特殊法人の名の下に、放送法に基いて1950年に設立された日本放送協会のことですね。

そんなNHKにも『ためしてガッテン』というとても評判の良い情報番組があるります。『ためしてガッテン』は、日本の生活情報番組としてNHK総合テレビにおいて1995年3月29日から始まったものです。

ということは、評判が良く人気があるからこそなのでしょうが長寿番組になっているんですね。その『ためしてガッテン』で、五十肩のことを取り上げたことがありました。

回復を早めるエクササイズ

この時の放送は、世の中の人に非常に大きな注目を集めたわけであります。世の中の人というよりも、発症しやすい40歳代や50歳代の人が多かったといったほうが正解かもしれませんね。

従来の五十肩の対応というのは、動かしてはいけないと当たり前のように言われてまいりました。しかしながら、『ためしてガッテン』では、激しい痛みが襲う急性期はともかくとして、慢性期や回復期という時期に移行した場合は、患部である肩を少しずつでも動かしてエクササイズを実践する方が回復するための効果が高いというものでした


『ためしてガッテン』の放送内では、実際に行う体操のやり方が紹介されたんですね。その体操はとても簡単なもので、痛みの程度を別とすれば、誰でも、そしていつでも気軽に実践できるものなのです。

そもそもリハビリの体操というのは、継続して続けることが大切です。したがいまして、体操はいつでも気軽にできるものであったほうが良いに決まっています。

その点から考えましても、『ためしてガッテン』で紹介された体操は継続しやすい優れものだったからこそ反響を呼んだんですね。


>>五十肩を改善するひじまる体操<<に続きます。



スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク