五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

五十肩とゴルフの因果関係

スポンサーリンク

>>ゴルフが原因で五十肩になりますか?<<からの続きです。

夢中になる人が多いゴルフ

「ゴルフをやっていたら五十肩になってしまった」などというお話がありますが、これはゴルフというスポーツに問題があって五十肩になるわけではありません。

個々の理由はともかくとしても、40歳代から50歳代の人たちがゴルフを始めるというケースは非常に多いと言われております。


そしてこの年代の人たちは、五十肩を最も発症しやすい世代のひとたちでもあります。また、ゴルフという競技の性格からなのか、一度始めてしまうと夢中になってしまう人の方が多いようなんですね。

ゴルフに夢中になってしまうのは良いのですが、多くの初心者は専門の指導者の教えを受けながら練習するわけではありません。

自己流のスイングは危険です

現実には自己流で、打ちっぱなしに行って練習するというケースが多いのではないでしょうか?おかしな形で肩に力の入ったスイングを長時間行ってしまいますと、肩には相当大きな負担がかかってしまうことは間違いのないところだと思います。

本当は、正しいスイングを身につけて練習しないと上達しないんですけどね。逆に言えば、正しいスイングを身につけて練習をすれば上達も早いですし、また五十肩を発症するリスクを下げることもできます。

繰り返しになりますが、自己流スイングで過度な打ちっぱなしの練習は止めておきましょう。


ゴルフの練習などで、もし五十肩を発症した場合は、当然のことながら運動をやってはいけません。というよりも、痛みでゴルフができなくなってしまうという方が本当かもしれませんね。

ただ、五十肩の慢性期に入りましたら、少しずつでも運動を始めるべきです。ただでさえ、腕を長期間動かさない状態が続くわけですから、腕の可動範囲がかなり狭まっているはすです。

患部を癒着させないためにも、リハビリのための運動を日常生活の中に組み込むべきですね。ちなみにゴルフはリハビリになるとも言われておりますが、それは患者さんの症状次第ということになりますので、主治医と相談した方がよいでしょう。

関連記事

スポンサーリンク