五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

上腕骨と肩甲骨のバランスが崩れる五十肩

スポンサーリンク

引き金は肩関節周辺に起きる炎症

五十肩というのは、原因が完全に解明されているわけではありませんが、それでも肩関節周辺に起きる炎症によって引き起こされると考えられております。

五十肩は、ある日突然腕を腕を動かそうとした時に、いきなり激しい痛みに襲われて、腕を上げることも後ろに回すなどという動作が困難になってしまうことがあります。

このような状態になりますと、衣服を着替えることもままならなくなってしまいます。年齢的には40歳代から50歳代の方たちに起こりやすい疾患ですが、一般的には6ヶ月から1年程度で自然治癒します。

ただし、動かなくなった腕をそのままにしておくと可動範囲が極端に狭まる可能性がありますので、極力早い段階からリハビリを行うべきです。

それでは、五十肩の原因となる炎症はなぜ起こるのでしょうか?

バランスが崩れる上腕骨と肩甲骨

肩関節は、鎖骨(さこつ)、肩鎖関節(けんさかんせつ)、第2肩関節(だいにかたかんせつ)、肩甲上腕関節(けんこうじょうわんかんせつ)、肩甲骨(けんこうこつ)、上腕骨(じょうわんこつ)、胸鎖関節(きょうさかんせつ)で構成されておりますが、この中の上腕骨と肩甲骨という二つの骨のバランスが崩れることで炎症を起こしてしまいます。

上腕骨と肩甲骨のバランスが崩れると、二つの骨がぶつかり合ってしまうんですね。その結果、関節を傷つけてしまって炎症が発生するわけなのであります。


五十肩という方の疾患の特徴的なところは、その名称の通り50歳代の発症率が一気に高くなるということです。

早いケースでは、40歳代後半くらいから、徐々に発症する人が出てまいりますが、やはり最も多い年齢は50歳代にになります。

時折、60歳代で発症する人も出てきますが、70歳代や80歳代で五十肩の発症するケースは稀です。そして20歳代や30歳代で発症する人はあまり見られませんでした。

しかし、最近に気になっているのは、30歳代で発症するケースも増えているんですね。この年代の方たちが発症するのは、多くの場合の運動不足や姿勢の悪さが引き金になっていると思われます。


>>五十肩の症状<<に続きます。



関連記事

スポンサーリンク