五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

四十肩と五十肩

スポンサーリンク

>>五十肩の原因<<からの続きです。

30代で発症した場合は?

五十肩というのは、>>五十肩の原因<<でもご説明した通りで40歳代から50歳代に発症することの多い激痛を伴う肩の疾患です。

ところで四十肩という病名がありますが、これは40歳代で発症した場合に四十肩、そして50歳代で発症すると五十肩などと使い分けることもありますが、実際には同じ肩の疾患です。

したがって、40歳代で発症しても30歳代、いえそれ以下の仮に20歳代で発症しても、原因不明の肩や首周りの激痛、そして稼働範囲が極端に狭まってしまう肩の疾患のことを五十肩と言うんですね。


ただ、原因不明と言いましても、身体的な異変が何も発生していないのかと言いますと、さすがにそれはあり得ないお話でありまして、肩関節の周辺に炎症が起きていて、それが原因となって激痛という症状が現れたり、あるいは腕を動かすことができなくなってしまうとと考えられております

肩関節周辺の炎症がなぜ起きるのかと言いますと、肩関節に過度の負担がかかる仕事や、老化からくる関節の異常が引き金となっていると推察されています。

条件が変わってきている五十肩

ところで最近は、五十肩という疾患の条件が狭められてきているようであります。例えば、従来は腱板損傷や石灰沈着性腱板炎なども五十肩に含まれていたのですが、今は下記のような認識となっているようです。

【五十肩の条件】
(1)肩に疼痛(とうつう:痛みを示す医学用語)と運動障害がある。
(2)発症年齢が40歳以上である。
(3)明確な原因がない。


以上の3点が、五十肩の条件となっております。それでも例えば、20歳代で原因不明の痛みと運動障害を伴う原因不明の肩の疾患を五十肩と表現しているみたいですけどね。


※腱板損傷 (けんばんそんしょう)・・・肩の組織の深部には、肩腱板と呼ばれる腱性組織ありますが、その腱性組織が損傷することです。

※石灰沈着性腱板炎(せっかい・ちんちゃくせいけんばんえん)・・・カルシウム塩が腱板に沈着してしまい、急性炎症を起こす状態のことです。

関連記事

スポンサーリンク