五十肩や肩こりの症状や原因、治療や改善方法などについてお伝えします。

五十肩の原因

スポンサーリンク

原因不明の五十肩

五十肩という肩の疾患のことは、病名くらいは皆さんも耳にしたことがあるかと思います。

しかし、実際に五十肩がどのような病気でなぜ引き起こされるのかということまでは、あまり知られていないかもしれませんね。

というよりも五十肩というのは、現実には発症するメカニズムが完全に解明されているとは言いがたい状態にあるんですね。要するに未解明な部分もあるということです。


五十肩は、腕をあげることができなくなるほどの激しい痛みを伴う疾患で、40歳代から50歳代にかけて発症することが多く見られます。

ところで肩や首、そして他の関節などに痛みという症状が現れる時というのは、当然そこには何らかの原因が存在しているはずです。

それは肩こりからくるものであったり、寝違えたために首が痛くなったり、むち打ち症が原因で肩や首筋、背中に痛みが出てきたりすることもあるでしょう。

原因不明の肩の激痛が五十肩

普通に考えれば、痛みという症状が現れるということは、そこにはなにかしらの原因があって然るべきなのであります。

ところが五十肩というのは、そもそもが「原因不明の痛み」などとも言われているんですね。原因不明の痛みなどと言われてしまったら、それこそどのように対処したらよいものなのか途方に暮れてしまうかもしれませんよね。

医学的な原因というものが見当たらないにも関わらず、肩の関節に激痛という症状が現れる疾患を総称して「五十肩」と呼びます


先程も触れました通りで多くの場合、40歳代から50歳代に発症するケースが多いことから年齢というものが何らかの形で関わりがあることは誰にも明らかだと思います。

また、重いものを持つ仕事に従事している人、あるいは腕を上にあげた状態で作業をする必要がある人たちが発症しやすい病気とも考えられております。

上記のように、重い物を持ったり腕を上にあげ続けるような仕事をしている人たちが五十肩を発症する年齢が年々低下傾向にあるようです。

なにしろ中には20歳代で五十肩を発症したという事例もあるくらいですからね。


>>四十肩と五十肩<<に続きます。



関連記事

スポンサーリンク